マグボトルのパッキンのカビは大丈夫?マグボトルの洗い方をおさらいしよう


マグボトルを使っていると、飲み物代の節約になるので、
会社や外出時に持って行くという人も多いですよね。

そんな大活躍なマグボトルですが、
特に汚れていないからとサッとゆすぐだけで済ましていると、
気がついたらカビが生えていた!という事態にもなりかねません。

マグボトルの洗い方をおさらいして、清潔に使っていきましょう。
また、マグボトルに入れてはいけない飲み物についてもご紹介します。

スポンサーリンク

マグボトルの基本の洗い方。普通に洗っても取れないニオイはどうする?

マグボトルを洗う時には、パッキンなどの外せるパーツはすべて外し、柔らかいスポンジと、台所用洗剤を使って洗っていきます。

マグボトルの中は、普通のスポンジでは奥まで届かないので、柄付きスポンジがあるといいですね。

中に入れていた飲み物にもよりますが、ただ中をゆすいだだけでは、底の方に汚れが溜まり、カビが生える原因にもなってしまいます。

柄付きスポンジは、100均でもよく見かけるので、まだ持っていない場合には、購入してみてくださいね。

また、菜箸に普通のスポンジを挟んで輪ゴムで固定すると、即席でも出来るそうですよ。

マグボトルのフタやパッキンも、隙間などに汚れが付着したままになっていると、カビなどの雑菌が発生する可能性があるので、できるだけ細かいところまで洗っていきましょう。

その後、綺麗に洗い流して、水分が残らないように乾燥させれば完了です。

パッキンは、乾かしているうちに行方不明になりやすいので、清潔な布やキッチンペーパーなどの上に、別にしておくといいかもしれませんね。

基本的には台所用洗剤で洗えばOKですが、毎日使っていると、茶渋汚れやニオイがついてしまい、気になってくることもあると思います。

その時には、料理用の重曹とぬるま湯で、しばらく浸け置きしておくといいそうですよ。

分量は、ぬるま湯500mlに対して、大さじ1~2杯くらいで、マグボトルの中にぬるま湯を溜め、そこに重曹を加えて、1時間くらい放置するだけです。

フタやパッキンは、たらいなどを使って浸け置きするといいでしょう。

重曹ではなく、クエン酸大さじ1~2杯でも効果が期待できるそうですよ。

他にも、酸素系漂白剤で浸け置きしても、茶渋汚れやニオイ対策になります。

ただ、液がマグボトルの外側につくと、変色や傷んでしまうこともあるそうなので、注意が必要ですね。

放置する時間は、茶渋汚れやニオイの度合いによって、調整してみてください。

私自身、マグボトルの浸け置きには、塩素系の漂白剤を使っていたのですが、サビてしまう可能性があるので、NGだったんだそうです!

特に何も考えずに使い続けていましたが、次回からは塩素系は使わないようにします。

毎日のようにマグボトルを使っている場合には、1週間に1回くらいは浸け置きがオススメです。

マグボトルを浸け置きしている最中には、破裂などの危険があるそうなので、密封しないように気をつけましょう。

外出先から帰ってきたら、できるだけ早くマグボトルを洗うようにすると、中に汚れも溜まりにくいと思います。

マグボトルに入れた飲み物を飲みきれなくても、そのまま何日も保存することには向いていないので、もったいないですが、流して綺麗に洗ってくださいね。

スポンサーリンク

飲み物代の節約になるマグボトル。実は、入れてはいけない飲み物があるって知ってた?

夏場など、意外と入れてしまいがちなスポーツドリンクや果汁飲料は、酸性のため金属が腐食して溶けだし、金属中毒を起こす危険があるそうです。

ステンレスは、比較的腐食しにくいとは言われていますが、古いマグボトルや、中に傷がある時には注意が必要でしょう。

スポーツ選手などが使っているような、プラスチックのものなら大丈夫なので、酸性の飲み物を持って行きたい時には、ステンレス製ではないものを使うといいですね。

炭酸飲料などのガスを発生させる飲み物も、フタが開かなくなったり、中身が噴出してくることがあるので、マグボトルには向きません。

最悪の場合には、破裂する恐れもあるので、炭酸が飲みたい場合には、マグボトルに入れていくよりも、どこかで購入した方が安全ですよ。

他にも、マグボトルをスープジャー代わりにして、みそ汁やスープを入れてしまうと、具材で中を傷つけてしまうこともあるようです。

たとえ、具なしだったとしても、中に傷があると、塩分や酸がそこから入り込み、腐食してしまう可能性もあると言われているので、代用はやめた方がいいですね。

また、マグボトルが保冷に優れているものでも、乳製品を入れておくと、変質や腐敗することが考えられるので、オススメできません。

腐っていく時にはガスを発生させるので、炭酸飲料と同じことになることも考えられますね。
コーヒーや紅茶にミルクを加えていくのも、避けた方がいいでしょう。

ミルクコーヒーやミルクティが飲みたい場合には、ポーションを別で持って行って、その場で入れて飲むといいかもしれませんね。

まとめ

基本的には、台所用洗剤を使って洗えばOKですが、茶渋汚れやニオイが気になる時には、重曹や酸素系漂白剤を使えば、清潔を保つことができます。

マグボトルは、好きな飲み物を入れて自宅から持って行けるので便利ではありますが、何でも大丈夫という訳ではないので、取り扱いにも注意しましょうね。

パッキンなどのパーツは、1年を目安に交換した方がいいとも言われているので、検討してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました