臭っ!スニーカーの嫌な臭いを取る!洗い方と予防法

お気に入りのスニーカーはよく履いてしまいますよね。
ずっと履いていて洗うタイミングがなく、どんどん臭いが…なんてことはありませんか。

臭いがきつくなったスニーカーはなかなか落ちません。
そもそも、なぜ嫌な臭いがするのでしょうか。

お気に入りのスニーカーの嫌な臭いを早く取り、ずっと履きたいですよね。
ここでは、スニーカーの洗い方や臭いを取る方法をご紹介します。
ぜひ、ご参考になさってみてくださいね。

スポンサーリンク

スニーカーの嫌な臭いがなかなか落ちない理由

仕事でずっと履いていたり、スポーツをするときに履いていたりするスニーカーって結構臭いますよね。
しかも、消臭スプレーなどを使っても落ちない…
私も立ちっぱなしの仕事をしているときは、毎日仕事終わりに消臭スプレーをしていたのにも関わらず、嫌な臭いが取れなくて困っていました。

ずっと履いているスニーカー、なぜ嫌な臭いがするのでしょうか。
臭いの原因は雑菌にあります。
雑菌自体が臭うのではありません。
私たちの体には常在菌といわれる菌がいます。
この常在菌も雑菌なのですが、この雑菌が足の裏の汗や皮脂などを分解して臭いを発生させています。

ご存知だとは思いますが、雑菌は湿ったところを好みます。
長時間履いているスニーカーを連日履くと、スニーカーが乾ききる前にまた履くことになります。
そうすると、雑菌に餌を与えていることになるので雑菌が繁殖し続けることのなるのです。

同じスニーカーを毎日履くのではなく、複数のスニーカーを履くようにしましょう。
そして、履いたスニーカーは湿っているようには感じなくても、湿度が高くなっていますので、通気のよいところで乾かすようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

スニーカーの嫌な臭いを取る方法

スニーカーの臭いを取る方法はいくつかあります。
簡単にできる臭いの取り方をご紹介しましょう。

乾燥させる

1日履いていたスニーカーは続けて履かずに、休ませて乾燥させましょう。

蒸れた靴の中を乾燥させることが目的です。

これだけでもだいぶ臭いは軽減されますよ。

新聞紙や乾燥剤を入れる

新聞紙は湿気を吸収してくれます。

クシュクシュとまとめることで、湿気を吸収する面積が広くなり効果アップ!

丸めてスニーカーの中に入れておきましょう。

重曹を入れる

靴下などに重曹を入れてこぼれないように結びます。

これをスニーカーの中に入れておけば臭いが取れますよ。

コーヒーの残りカスを入れる

コーヒーを入れたあとの残りカスには消臭効果があります。

これをストッキングやだしパックなどに入れて、スニーカーの中に入れます。

一晩経てば臭いが取れるだけでなく、コーヒーの匂いがして気分良くなりますよ!

消毒用のエタノールを使う

消毒用のエタノールは殺菌効果が強いです。

エタノールをスニーカーにスプレーすれば、ニオイのもとである雑菌を死滅させてくれます。

薬局などで安価に購入できます。

エタノールをそのままスプレーすればいいので簡単ですよ。

洗う

洗うのが大丈夫なスニーカーであれば洗いましょう。

洗う前に洗濯可能かをタグで必ず確認してくださいね!

まずは、ブラシに洗濯用の石鹸をつけて、スニーカー全体をこすります。
このとき、スニーカーの中もしっかりと洗いましょう。
石鹸で洗い終わったらよくすすぎます。
つぎに、酸素系漂白剤を使います。
40度くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かして、スニーカーを入れて1~2時間ほど浸けておきましょう。
よくすすいで、乾かします。
このとき、タオルなどでよく水気を吸い取ってから、風通しの良い日陰で乾かします。
中途半端に乾かすと意味がないのでよく乾かしてくださいね。

 

まとめ

スニーカーの臭いの原因や予防方法、洗い方についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

臭いを取るには、湿気を取ることが大事なんですね。
1日履いたスニーカーは、乾燥剤や消臭効果のあるものをいれ1~2日履かないようにしましょう。
臭いのないスニーカーにするためなのはもちろん、連日履き続けないことでスニーカーの寿命を延ばすことにもなりますよ。

スニーカーから臭いがすると、周りの人にも嫌な思いをさせることにもなりますので、常に清潔な状態を保てるようにしましょう

タイトルとURLをコピーしました