睡眠の質が悪くて疲れが取れない。眠りの質を上げる方法とは?

ちゃんと寝ているのに疲れがとれない時に考えたい睡眠の質。整えるためにはどうすればいい?

通常であれば、眠ることで疲れが取れるはずなのですが、きちんとした睡眠をとれないことで、疲れが蓄積されてしまい、回復できなくなってしまうそうです。
自分では十分に寝ているつもりでも、起きた時にダルさや疲れを感じた時には、睡眠の質が悪いことが考えられます!
このような疲れには、身体ではなく、脳が関係していることが多いそうです。
睡眠の質を整えて、疲れにくくするにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

寝ても疲れが取れないのは脳が関係している?その原因とは?

疲れには、身体的なものの他にも、脳疲労というものがあります。
普通は、眠っている時には脳も休んでいる状態なのですが、不安や考え事などの情報過多が起こると、処理をするために働いてしまうそうです。
そのため、身体は眠っていても脳は働いてしまい、起きた時にも疲労感が抜けない状態が起こるのでしょう!
また、スマホやパソコンのブルーライトは、眠気に必要なメラトニンの分泌を妨げてしまうそうです。
横になって、のんびりとスマホを見る時間は楽しいですが、疲れが取れない原因になっていたんですね。
他にも、ゲームをしたり、小説、漫画を読むことでも、脳が覚醒してしまい、良い睡眠にはつながらないでしょう。
眠りにつくためには、脳をリラックスさせることが必要になります。
夜しか自分の時間がないこともあるかもしれませんが、できるだけ、寝る前には脳を刺激しない方が良いでしょう。

脳疲労は、自律神経も関係していて、ストレスや生活習慣の乱れも原因になります。
疲れ具合もわかりづらいので、蓄積されやすく、悪循環に陥ることもあるでしょう。
脳疲労が酷くなると、睡眠の不調が起こることもありますが、眠れなくなる他にも、寝つきが早すぎる人も、結果的には眠りが浅く、睡眠不足の可能性があるそうです。

「健康のためには〇時間が良い」という話もありますが、必要な睡眠時間は人それぞれだとも言われています。
睡眠時間が適切かどうか判断する方法は、起きてから4時間経った時に、まだ眠気があるかどうかでわかるそうです!
4時間後は、脳が活発に動く時間なので、その時間に眠気が残っている場合には、睡眠時間が足りないことになります。
仕事などでどうしようもない場合には、休憩時間に、少し仮眠をするだけでも違うでしょう。
ただ、仮眠時間は30分くらいまでで、それ以上になってしまうと、夜の睡眠にも影響するので、注意が必要です。

スポンサーリンク

睡眠の質には体内時計も関係している?睡眠を改善するためにオススメの方法は?

人間の脳は、太陽などの光を浴びることで、体内時計がスタートし、暗くなることで、リセットされています。
最近では、寝だめをすることで、体内時計がズレてしまい、結果的に睡眠の質が悪くなるという話も有名ですよね。
睡眠の質を整えるためには、毎日同じような時間に起きて行動し、同じような時間に寝ることが大切になります。
休みの日など、いつもより長く寝たい時には、前日の夜に1時間早く寝るか、一度起きてから、1時間~2時間くらいもう一度寝る方法が良いそうですよ。

私の話になりますが、昔、朝・昼・夜の時間帯でシフト制の仕事をしていた時、起きる時間も寝る時間もバラバラで、体調不良につながったことがありました。
もともと私自身が、体内時計のズレに弱かったこともあるのですが、同じような時間帯を意識して生活するようになってから、改善されているような気がします。

睡眠の質を整える方法には、寝る1時間くらい前までに、お風呂につかる事も良いそうです!
人間が眠りにつく時には、体内の温度が低くなりますが、お風呂で芯まで温まることで、その後に温度が下がり、眠りに入りやすいと言われています。
熱いお湯につかってしまうと、脳が刺激されて芯まで温まれないので、ぬるめの温度が良いでしょう。
自分の好きな香りの入浴剤やアロマオイルなどを入れると、より、リラックス効果も期待できて、眠れそうですね。
お風呂に入れない場合には、首や目、肩回りを温めたり、足湯をするだけでも大丈夫でしょう。

夜にコーヒーを飲んでゆっくり過ごすこともあるかもしれませんが、寝る前のカフェインは、控えた方が良い眠りにつながるそうです。
カフェインの持続は、5時間~6時間と言われているので、ドリンク剤を飲む時にも気をつけたいですね。

疲れが溜まって睡眠不足も続いてしまうと、起きていてもボーっとして、集中力や注意力も散漫になってしまうことが多くなります。
あなたのできる改善方法から試していって、睡眠の質を少しずつ整えていきましょう!

まとめ

眠っていても疲れが取れない原因には、使っている寝具が身体に合っていないことも考えられます。
生活環境を見直すと同時に、寝具の交換も検討してみても良いかもしれませんね。
また、寝る時の温度環境によっても、睡眠の質が変わってくると言われています。
気にかけることは多いかもしれませんが、快適な睡眠で疲れを残さないために、試してみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました