パートを辞める理由みんなはどうしてる!?円満に退職する方法とは!?

パートを辞めるとき、どのように伝えればいいのか悩みますよね。

言いづらい理由の場合、嘘の理由を伝えていいのか。

辞める理由は人それぞれありますが、できれば円満に退職したいですよね。

どのくらい前に伝えればいいのか、どのように伝えればいいのか難しいところです。

ここでは、円満に退職する方法をご紹介します。

ぜひ、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

退職前にすることは?

いきなり今日明日で辞めさせてください、とは言えませんよね。

職場にも都合があって、後任の方を見つけなければいけないこともあるだろうし、引き継ぎをしなければいけないこともあります。

 

法律では、期間の定めのない契約については2週間前に伝えなければいけないというような内容が決まっています。

職場で決まっているのであれば職場の決まりに従い、そうでない場合は、余裕をもって約1ヶ月前に伝えるのがいいでしょう。

 

伝えるときは、電話やメールではなく、上司に直接口頭で理由と退職希望日を伝えるようにしましょう。

 

後任の方への引き継ぎが必要な場合は、きちんと引き継ぎを行うことも大事です。

 

また、パートでも有給休暇やボーナスがもらえる場合があります。

これらをもらうのは正当な権利ですので、もらえるのであれば休みを消化したり、ボーナスをもらってから辞めるのをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

パートを辞める理由その1!転職のため

転職のために、いま働いている職場を辞めるということはよくあります。

 

たとえば、「子供のためにもっとお金を稼ぎたい」「将来のために正社員として働きたい」といった理由があります。

こういった場合は、正社員登用がある、昇給などと引き止められることがあります。

 

「資格を取得したい」「異なる業種の会社へ転職したい」など、キャリアアップが理由であれば、上司に受け止められやすいでしょう。

 

転職が理由で辞めたい場合、どうして辞めるのか上司に素直に伝えるのがいいでしょう。

パートを辞める理由その2!子供のため

 

主婦であれば、家庭を優先することはあることですよね。

 

「仕事の時間中に子供の送り迎えをしないといけなくなった」「子供との時間を増やしたい」「仕事に行っている間、面倒を見てくれる人がいなくなった」などといった理由があります。

こういった理由を素直に伝えてもいいですが、理解が難しい場合もあり、詳しく理由を聞かれたり、引き止められたりする場合があります。

 

法律では、どんな理由であっても、詳しく話す必要はありません。

話したくない場合は、「一身上の都合でお願いします」と丸く収めましょう。

 

 

退職時に注意することは?

人間関係がうまくいっていなかったり、給料が安い、思っていた仕事と違うなどが理由のときは伝えづらいですよね。

 

こういう理由の時は嘘をついて辞めたいと思うものです。

 

しかし、嘘をついて辞めると、トラブルになったり、嘘をついて辞めたことがばれると気まずい思いをします。

 

本当のことは言わなくてもいいと思いますが、ばれた時に困るような嘘はやめたほうがいいでしょう。

 

さきほども言いましたが、法律では辞める理由を詳しく話す必要はありません。

ここで紹介したような「転職のため」「家族のため」と伝えるのもいいでしょう。

 

退職したあとに、職場の人や上司にばったり会っても、気まずくないような退職の仕方をしましょう。

 

まとめ

今すぐにでも辞めたいという方もいるかもしれませんが、円満に辞めるためにも職場の規則を守ってやめましょう。

 

辞めたい理由が前向きなものだったり、家庭の事情であれば、上司も納得しやすいです。

 

辞めるときはお互い気持ちよく最後を迎えられるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました