お金をかけずに旅をしたい→旅行で部屋を借りる時代がやってきた!

来年のGWは10連休になるとかならないとか。
実際に休めるかどうかは別として、
気候のいいときの連休には、お出かけしたいですよね。

できれば、泊まりがけで行きたい。でも予算が・・・
そういったときの選択肢として、今熱いのは民泊でしょう。

民泊という言葉を聞いたことのない人はいないでしょう。

今や急速に広まりつつある民泊ですが、
実際はどういったものでしょうか?
少し、見てみましょう。

スポンサーリンク

民泊のメリット、デメリットって?

まずは民泊の歴史を見てみましょう。

今のように交通網が発達しておらず、
宿泊所も少なかった頃、例えば明治時代や江戸時代とかは、
旅の途中の人を善意で泊めてあげることが
少なくありませんでした。

小説にも出てきますよね。

こういったことを民泊と呼ぶのならば、
民泊は人間が旅をするようになった時から
存在していることになります。

随分と歴史がありますね。

それが時代が進み、交通網が整備され、
宿泊所も増えるようになると、
農家に間借りして農業体験をしたり、
漁師さんの家に泊まり漁業体験をしたりといった
体験型の宿泊を民泊と呼ぶようになりました。

そして現在では、インターネットの仲介サイト(例えば、Airbnbなど)
を通じて外国人観光客に個人の家やマンションを
ホテル代りに貸すことを「民泊」と呼ぶようになりました。

民泊のメリットは、借りる側にとっては
まず何と言っても、安いということです。

泊まる日にもよりますが、ホテルに泊まる費用より
2割~5割安く泊まることができます。

また大人数で泊まるのにも向いています。

民泊で部屋を借りる時は一部屋あたりいくら、
なので割り勘する人数が増えれば(上限はありますが)、
その分安くなります。

醍醐味は、現地の生活が味わえるという点でしょう。

民泊の先駆けとして、イギリスのB&B(ベッドアンドブレックファスト)
がありますが、食器類をオーナー家族と一緒に使ったり、
お風呂に入る時は湯船にお湯を張ってはいけないというルールがあったり、
宿泊でありながらまるでホームステイしているかのようでした。

ではデメリットは何でしょうか?

まずはアメニティ類でしょう。
ホテルにはあると思いがちなシャンプー、リンス、歯ブラシにタオル。
それらがないことがあります。

なければ現地調達すればいいか、と思っても
周りにお店がない場合もあります。

泊まる前に事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

また食事は自分で、が原則です。
朝食用にパンとミルクは自由に使っていい、
というところもありますが、
ほとんどは共用のキッチンで自分で作るか、
買ってくるか、食べに行くか、になります。

席に座っていたら朝食が運ばれてくる、
なんてことはありません。

それから立地が不便なことがあります。
閑静な住宅街にある、現地の空気を満喫できる
というと魅力的ですが、住宅街にあるとなると
最寄駅から離れている場合もあります。

最後に、海外では英語か現地語しか通じない可能性があります。
少なくとも簡単な英語は理解できた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

ホテルやゲストハウスとの違いを楽しんで宿泊しよう

民泊は、一般的なホテルと違って、
個人から家やマンションの一室を借ります。

ですので提供される部屋は、統一されてもいないし、
規格もないし(最低限、寝具はあるでしょうが)、
個性にあふれています。

ゲストハウスはホテルより安価ですが、
一部屋に二段ベッドがいくつもあって
そのベッドのひとつを借りるという形になり、
シャワーやキッチンなどシェアするものが増えます。

個性にあふれた部屋をある程度のプライバシーを
保ったまま借りれるところに、
民泊の楽しみ方のヒントがあるように思います。

旅行で個人の部屋を借りるのは、地域密着型の旅

2018年6月に民泊新法が施行され、
東京都大田区や大阪市など民泊特区もでき、
民泊しやすい環境が整いました。

旅は道連れ、世は情け。

リーズナブルにその土地ならではの空気を味わいに、
さあ!旅のプランを練ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました