シャワーだけは体臭がキツくなる?嘘?ホント?

突然ですが、毎日、湯船に浸かっていますか?

毎日、入浴するのは当たり前ですが、

実際、忙しかったりして、入浴の時間をゆっくり取れなかったり、

一人暮らしのアパートで、ユニットバスで浴室が狭かったり、

又は、家族との入浴の時間が合わない。

等の理由で、湯船に浸からずに、シャワーのみで、簡単に済ませている。

という人も多いのではないでしょうか?

 

という、私も、実家にいたころは湯船に浸かっていましたが、

実家を出てからは、簡単にシャワーで済ませてしまうことがほとんどです。

 

しかし、シャワーだけだと、「体臭がきつくなる」「体に悪い!」

というのを、聞いたことがありませんか?

その情報は、本当なのでしょうか!?

 

今回は、シャワーだけの場合の体に与える影響についてまとめてみました!

スポンサーリンク

シャワーだけ入浴が肌に与える影響

 

入浴は、体をキレイに洗う。ことが目的なので、体を洗えば問題ない!と思いますよね。

しかし、入浴の際、体表面の汚れだけでなく、体の内側から、温めることで、得られる効果がとても大きいんです。

 

体を洗う際、ボディーソープや石鹸で洗いますよね。

その時は、表面についたホコリや汚れは落ちます。

 

湯船に浸かると、体の内部が温められて、毛穴が開くので、皮脂や汚れが浮いてきます。

その為、美肌効果につながります。

また、湯船に浸かっている時間は、水圧が体にかかっている状態になるので、リンパを刺激して、温まることで、血行も良くなるので、肌細胞の活性化にもつながります。

 

しかし、シャワーだけだと、体の内側から温める効果は薄れてしまううえに、

石鹸等で、表面の皮脂を落とすので、乾燥しやすい状態になりやすいんです。

 

毎日湯船に浸かることが難しい場合も、週に何回かは、ゆっくりと湯船に浸かって、

内部から、老廃物をだして、落とすことで、肌サイクルが安定してるのでおすすめです。

 

また、シャワーだけの場合は、先ほどもお話したように、乾燥しやすい状態で、

お風呂から出るため、そのまま、服を着てしまうと、更に、肌の水分が奪われてしまいます。

出た後に、保湿クリーム等で、水分が過度に奪われないようにケアしてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

シャワーだけだと体に悪いって本当?

よく、健康法として、入浴法があげられているのを目にしますが、

シャワーだけにすることで、体への影響はどうなのでしょうか?

 

湯船に浸かることで、健康的になると言われているのには、いくつか理由があります。

 

リラックス効果

湯船浸かると浮力のある状態になります。この浮力が体をリラックスさせて、疲れを取り除く効果につながります。

睡眠効果

体が温まることで、血行が良くなり、末端血管まで、広がり、手足の先まで血液循環ができるようになります。その後、お風呂から上がると、徐々に体が冷えていきますが、

冷えていくことで、体の代謝が遅くなり、眠気が出てくるのです。

その際に、脳内の回路もゆっくりになるため、体、脳、共に休む体制になっていきます。これが睡眠の質をあげることになり疲労回復につながります。

 

体臭予防

体臭の原因になっているのは、乳酸。

乳酸は、疲れがたまることで、体内に蓄積されていきます。

入浴の際に、湯船に浸かって、温めることで、血液循環が良くなりますが、その時に、乳酸を抑える効果があるため、体臭も抑えられるということです。

 

シャワーだけ入浴の場合、リラックス効果、睡眠効果、体臭予防が薄れてしまいます。

眠ったはずなのに疲れが取れない。冷え性が悪化する。などの体の不調も引き起こしかねません。

 

冒頭で、お話した、体臭についても、体の中で、解消しきれなかった乳酸が増加すると、アンモニアを体内で増価させてしまい、体臭として外に放出されることになってしまうのです。

 

やはり、毎日湯船に浸かることがベストではありますが、それが難しい場合も、

週に何度か、ゆっくり、湯船に浸かる時間をとって、疲れを取り除き、

安眠してあげることが、健康の秘訣になるんですね!!

 

まとめ

簡単に済ませてしまいがちな、入浴ですが、ただ、リラックスするだけでなく、

様々な体に与える影響があることが分かりましたね!

体臭も、直接的な影響ではなく、疲れがたまることで起こるものだとわかりました。

疲れが、なかなか取れないな。なんだか、調子が悪いな。と感じている人は、ぜひ、入浴法の見直しもしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました