ダイエットでプロテインをおすすめするわけ

「プロテイン」と聞くと、ムキムキマッチョな人が飲む、みたいなイメージがありますが、実は違います。

まず、プロテイン(protein)は英語で「タンパク質」のことです。

タンパク質は、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンとともに五大栄養素のひとつです。

体を動かし、体温を保つためのエネルギーになり、また筋肉や体の組織を作ります。

筋肉、骨、皮膚、髪の毛、爪、脳、内臓、血液…その全ての材料が「タンパク質」です。

そんな重要なタンパク質を摂取しようと思ったら、肉や魚、牛乳・乳製品、卵、大豆、大豆製品を食べる必要があります。

もちろん、食事から摂取するのが大事ですが、脂質や糖質も合わせて摂取してしまいがちです。

ダイエットに脂質や糖質は大敵。

その点、製品化されているプロテインだと、成分の9割以上がタンパク質(大豆由来の植物性タンパク質が多い)なので、効率よくタンパク質を摂ることができます。

そしてプロテインは筋肉を作るので、筋肉量が増すと基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると、摂取したカロリーに対して余裕が生まれます。

女性用には美容成分のコラーゲンを配合したプロテインもありますし、どのプロテインも飲みやすい味になっています。

水や牛乳などに溶かして、コップ1杯飲むだけでいいので簡単です。

ダイエット中の方は積極的にプロテインを摂っていきましょう。

スポンサーリンク

ダイエット中の食事でおすすめなのは、バランス

プロテインがダイエット中にも良いことは分かりましたが、やはり「過ぎる」のは何事もよくないものです。

当たり前ですが、プロテインばかりを摂れば良いわけではありません。

大事なのはバランスです。

タンパク質・野菜・良質な脂質をバランスよく摂ることが大事です。

資質というのは、魚(特に青魚)の脂質やアボカド、オリーブオイル、ココナッツオイル、ダークチョコレートなどのことです。

カロリーは高いけれど、健康には良い、これらの脂質も上手に摂取する必要があります。

また、過度な食事制限は、摂食障害になったり、リバウンドに繋がったりするのでやめましょう。

1ヶ月に1kgを落とすぐらいのペースが理想的です。

生活のバランスも大事です。

睡眠はしっかり取りましょう。

寝不足はダイエットの敵です。

スポンサーリンク

ダイエットを成功させるアプリでおすすめなのは、「あすけん」

WIT CO.,LTD.が出している「あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ」が、食事記録型のアプリとして優れていると思います。

毎日の食事を記録していくだけで、それらを分析した管理栄養士がダイエットアドバイスをくれます。

年齢と性別に合わせた適正なカロリーで無理なくできる健康的なダイエットをサポートしてくれます。

カロリーだけでなく、炭水化物、脂質、タンパク質など14種類の栄養素と食事バランスを棒グラフでわかりやすく表示。

メニューは市販商品・外食を含む10万件以上の食事データから引っ張ってこれます。

さらに、運動記録もつけることができ、筋肉量を増やして体脂肪率を減らしたい方、運動で体重を管理したい方にもおすすめです。

iOSのヘルスケアアプリとデータを連携しているのも嬉しいポイントです。

元気なご老人はお肉(プロテイン)を食べている

いつまでも元気なご老人は、お肉を食べていると思いませんか?

例えば、デヴィ夫人や瀬戸内寂聴さん。

牛ステーキが大好物ですよね。

そしてスタイルも良いですよね。

決して太り過ぎではないです。

筋肉の元になるプロテインと、適正な筋肉量と、高めの基礎代謝とがダイエットだけでなく、健康の秘訣でもあるように思います。

頻繁にステーキを食べるのは、なかなか難しいですから、豆腐や納豆などの植物性タンパク質を積極的に取り入れて、元気で健康的な身体を手に入れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました